WDW旅行記2017:031 ジャングルクルーズで探検に出発!

水浴びをする象

エキストラマジックアワーからマジックキングダムを満喫しているみなとゴジラくん。
時刻は午前9時15分、入園から約2時間が経過しています。

ここでジャングルクルーズへと到着です。

前回の記事はこちらです。

ジャングルクルーズの待ち時間は?

日本のディズニーランドにもある、人気アトラクションジャングルクルーズ。
待ち時間は、時間帯によって大きく異なりますが、だいたい平日の昼間だと30分~60分くらいが平均的なところかなと思います。

まだ午前中なので、それほど待ち時間は長くないはず。
長くても30分、早ければ15分くらいで行けるんじゃないのかな?
特にWDWは待ち時間が(東京に比べて)短いと言われているし。

それくらいの気持ちで行ったのですが、なんと、待ち時間の表示は50分!!

…これは、困りました。

なぜかというと、みなとゴジラくんは、この日の10時10分から、ビーアワゲスト・レストランのブレックファーストを予約していたからです。

50分となると、移動時間を考えて、ギリギリ時間に間に合いません。

並ぶ? 諦める? どうする、待ち時間

ここで私たちは判断を迫られることになります。

ここまで来たけれど、ジャングルクルーズを諦めるのか?
それとも、少し遅れることを覚悟でジャングルクルーズに並ぶのか?

しかし、何よりも悩んでいるのが一番勿体ありません。

みなは……ジャングルクルーズに並ぶことを選択しました!!

理由は、列の長さです。
入り口では50分の待ち時間と表示されていましたが、実際にそれほど列が伸びているようには思えませんでした。
日本だったら、30分くらいで十分にたどり着くくらいの人数です。

一般的に、こういったアトラクションの待ち時間は、少し長めに見積もっていることが多いです。
もしかして、50分もかからないんじゃないか?

そのチャンスにかけることにしました。

かといって、ビーアワゲストに遅刻してキャンセルになっても困るので、もし本当に間に合わなさそうだったら途中で抜けよう、とゴジラくんと決めました。

そして、みなとゴジラくんが乗り場にたどり着くまでにかかった時間は……

なんと、約15分!!!

なんと15分で乗り場まで到着!早い!

なーんだ、全然余裕でした。

ということで、みなとゴジラくんは、船に乗り込むことにしました。

アメリカのジャングルクルーズは盛り上がる?

WDWのジャングルクルーズの内容は、ほぼ日本と一緒です。
しかし、みなには一つ楽しみにしていることがありました。

それは、アメリカ人のノリ。

船長さんが頑張っても、日本のジャングルクルーズって、なんとなーくリアクションに遠慮してしまって、盛り上がらないことが多いように思います。
でも、アメリカなら、ノリノリに盛り上がって、今まで感じたことの無いような一体感のあるジャングルクルーズが楽しめるのではないだろうか?

なんせ、マイントレインでハイホーを歌っちゃう人たちなんです。
きっと盛り上がるに違いない!

そんなみなのワクワクを乗せて、船はクルーズに出発です。

ジャングルクルーズに乗船です

私たちを案内してくれたのは、男性の船長さん。

しかし、出発してすぐにみなはあることに気づきます。

……声が、聴きとりづらい。

ジャングルクルーズの船は、エンジン音が大きいんです。
何カ所かにスピーカーはついているものの、マイクの声が小さくて、なかなか声が聴きとれません。
後ろの方に座っていたから、なおさらそう感じるのかも。

もちろん、みなが英語をよくわかっていないということもあるのですが、なんかちょっと、期待していたのと違う感じがします。

周りの人も、音があまり聞こえていないのか、そんなに反応していない様子。
これでは、日本とあまり変わらないのでは。

船長さんめっちゃ頑張ってくれているけれどね。

まあまあ、日本とそんなに変わらないノリで、象の水浴びを見たり、蛇を見たり、シュバイツァーの滝の裏側を通ったりしました。

シュバイツァーの滝の裏側

木の上の大蛇

水浴びをする象

途中で、船長さんが発砲するシーンがあるのですが、ここも普通に音だけの銃でした。
まあ、そうだよね。実弾が使われるわけがありません。そして、銃に対するアメリカの皆さんの反応は、日本とあんまり変わらなかったです(ちょっとびくっとするだけの感じでした)。

最後の洞窟のところは、日本のほうがリニューアルしたこともあってか、少しWDWが見劣りしてしまったかな、と思いました。

そんなわけで、ジャングルの旅は終了。
みなの中には、いつかもう一度、めっちゃノリノリのジャングルクルーズに乗ってやる…! という野望が生まれたのでした。

ちょっと寄り道、カリブの海賊

まもなくビーアワゲストレストランの予約時間。
なのですが、せっかくなので近くのフォトスポットで写真を撮ります。

カリブの海賊の大砲です。

大砲の前でフォトパス記念撮影

ここにはフォトパスカメラマンがいましたので、何枚か撮ってもらえました。

写真を撮ってもらったら、急いでファンタジーランドへと戻ります。
時刻はぎりぎり!

さあ、果たして間に合うのかな?
次回はビーアワゲストレストランをレポートします!

この記事を書いた人

みな

都内に勤めるOLです。
相方のゴジラくんとはとても仲良しで、一緒に旅行に行ったりお出かけしたりしています。