WDW旅行記2017:038 ミッキーのノット・ソー・スケアリー・ハロウィンパーティーの受付!

おかしをゲットです!

マイントレインとバズをファストパスでクリアした私たち。
そのあとお城の周りで写真を撮ったりしていると、時刻は午後3時近くになっていました。

前回の記事はこちらです。

そろそろハロウィンパーティーの受付が始まるということで、受付場所まで向かうことにしました。
ちなみに、ハロウィンパーティは事前にチケットを購入してあります。

購入時の記事はこちら。

ハロウィンパーティーはどんなイベント?

「ミッキーのノット・ソー・スケアリー・ハロウィンパーティー」は、WDW・マジックキングダムでハロウィンの時期に開催される、購入者限定のイベントです。
この日は一般のパーク営業は19時で終了し、専用チケットを購入した人だけが残れるようになります。

19時から24時の間に、ハロウィンパーティーだけの限定のショーやパレード、キャラクターグリーティングなどが開催されます。
また、トリック・オア・トリートとして、パーク内の各所でお菓子が無料でもらえる催しや、限定のフォトパス、限定フードなども登場します。

もちろん、ショーを見なくてもアトラクションを利用したり、お店を利用することもできます。普通のパークオープン時より人数が少ないので、待ち時間なども短くなっているはずです。

かなり人気が高く、年々開催期間が長くなっていますが、人気がある日程は事前にチケットが売り切れることもあります。

ハロウィンパーティーの受付はどこ?

ハロウィンパーティーの受付は、複数個所で行われています。
私たちが向かったのは、トゥモローランドの「モンスターズインク・ラフ・フロア」の前にある受付です。

なぜここを選んだかというと、他の方のレポート記事で、「モンスターズインク」前の受付なら、参加者のしるしのバンドに加えて、お菓子がもらえる、というのを読んだからです。

ハロウィンなので、お菓子は後からいくらでももらえるのですが、他の受付では、お菓子を貰えないところもあるとのことだったので、念のためこちらへ向かうことにしました。

モンスターズインク前で受付! バンドとお菓子をゲット

時刻は16時過ぎ
モンスターズインク前に向かうと、すでに列ができていて、受付が始まっていました。

受付の方法はとっても簡単。
事前に購入したチケットがアカウントにリンクされているので、マジックバンドをキャストさんに確認してもらうだけです。

右手に巻かれる参加者のしるし・リストバンド

それで問題なければ、こんな感じで手首に参加者の目印であるバンドを巻いてもらえます。
私の時は「右手」って指定されましたが、マジックバンドを左手にしていたからなのか、それともルールがあるのかまではわかりませんでした。

そして、情報通り! ここでお菓子をもらうことができました。

おかしをゲットです!
お菓子の袋 アップ
袋のマチ部分

お菓子はこんな感じで、袋に入ったものが渡されます。袋のデザインは、片面が「アナと雪の女王」、もう片面が「カーズ」でした。横のマチの部分は、カボチャミッキーです。
中身はたぶんどれも一緒かな。

お菓子の袋の中身1
お菓子の袋の中身2

中には、m&m’s、スニッカーズ等のチョコレートや、グミが入っていました。
アメリカのm&m’sは日本のモノよりもかなりサイズにばらつきがあって、大きいものや小さいもの、割れているものなども一緒くたに入っていました。スニッカーズは同じだったかな?

袋はとりあえずひとつ渡されましたが、途中いくつも袋を持っている人を見かけましたので、もしかしたら希望すれば複数もらえるのかもしれません。

そうそう、一緒にハロウィンパーティ用のマップをもらうことを忘れてはいけません。
受付はかなり流れ作業になっているので、マップは置いてあるだけになっていました。

お菓子に気をとられてうっかりマップをもらい忘れてしまいましたが、後からキャストさんに言うともらうことができました。

マップには、キャラクターグリーティングの場所、ショーのスケジュール、お菓子の配布場所、フォトパスの場所などが書かれています。

まずはフォトパス撮影へと向かう!

ハロウィンパーティーが始まるのは19時からですが、エントランスの方へと行ってみると、すでに限定フォトパスの撮影が始まっていました。
エントランスの飾りはハロウィン風味でとってもかわいいです。

せっかくなので列に並ぶことにしました。

並んでいると、後ろの人に話しかけられます。

「それ、どこでもらったの?」

それ、とは、私たちがもらっているお菓子の袋のようでした。
なんせ英語なのでゴジラくんの通訳を挟みつつ、ではありますが、どうやら、ハロウィンパーティーの受付は済ませたけれど、お菓子の袋をもらっていない状況だということが判明。

モンスターズインクのところだよ、と伝えることができました。

そんな会話が終わると、私たちの撮影の順番です。
ハロウィンパーティー限定のフォトパスカメラマンは、衣装も普通のカメラマンと違ってハロウィンっぽい恰好をしています。

そして、エントランスで撮ってもらった写真がこちら。

エントランスで撮ってもらったこの写真が…
こうなります!!

ふたりのゴーストに加えて、ハロウィンパーティーの文字!
まさにこのイベントでしか手に入らないマジックフォトになっています。
(ちなみに、映像もついています)

ハロウィンパーティーは様々なイベントがパークの各地で開催され、楽しみ方は本当に人それぞれなのですが、この時点で、私の目的は「限定のフォトを撮る」になっていた気がします。

ハロウィン限定のフォトパスについては、後日まとめてアップしますね。

ハロウィンパーティー開始までにはまだ時間があるので、ウォルトディズニー鉄道という、マジックキングダムを一周している蒸気機関車に乗って、今度は奥地へと向かいます!

ウォルトディズニー鉄道に乗車! エントランスの駅舎はかなり広々

というわけで、エントランス前の駅から機関車に乗ります。
駅は二階になり、階段を上って待合スペースのある場所へと向かいます。

駅舎の上からの展望はかなり良くて、パークの入り口からお城までが見渡せます。

駅舎から見る、パークの入り口
また雨が降り出していたのですが、駅舎の中にいれば、雨に濡れることはありません。
中には謎のミニゲームみたいなものが置いてあったりしますが、かなり広い空間です。

エントランスの駅舎の中は広いです!

他にも数十人待っている人がいましたが、なぜかほとんどの人は中の待合場所ではなく、乗り場で待っています。(乗り場も屋根があるので雨に濡れないです)
乗り場からは、エントランスにあるミッキーの花壇を見ることができます。

駅舎から見るエントランス

さて、機関車がやってきたので、乗り込みます!

機関車の中
機関車から望むウェスタンランド

機関車の中は、木製の座席が並んでいて、ウェスタンリバー鉄道とほぼ同じです。
蒸気機関車でウェスタンランドを過ぎ、ストーリーブック・サーカスへと到着です!

歩くと地味に大変なので、とっても便利。
ここでハロウィンパーティが始まるまで遊ぶことにしました。

この記事を書いた人

みな

都内に勤めるOLです。
相方のゴジラくんとはとても仲良しで、一緒に旅行に行ったりお出かけしたりしています。