WDW旅行記2017:022 ソアリン! 世界中を旅する絶景の遊覧飛行

ソアリンの入り口

前回食事をした「ガーデングリル・レストラン」と同じランド館にある「ソアリン」へと向かうことにしたみなとゴジラくん。
お腹いっぱいでちょっと眠い目をこすりながら、階段を下りていきます。

前回の記事はこちらです。

このソアリンは、大人気アトラクションなので、もちろんファストパス・プラスを予約済みです。
ディズニーシーにも近年中にオープンすると聞いていたのですが、一足先にディズニーワールドで体験してきました。

ソアリンってどんなアトラクション?

地球上で最も美しい風景に会いに、ハンググライダーで空中散歩に出掛けよう。

乗客の皆様はフライトのご準備を。これから空高く、世界中の名所から名所へと、息をのむような美しい景色を巡る冒険に出発します。
新しくなったソアリンは、ハンググライダーの楽しさを存分に味わえる爽快なアドベンチャーです!

公式サイトより)

ということで、ハンググライダーに乗って世界を旅するアトラクションです。
以前はフロリダの上空を飛ぶ内容だったみたいなのですが、最近リニューアルされて、世界の様々な場所を旅する内容になっています。

ちなみに、「Soarin’」とは英語で「舞い上がる」という意味だそうです。

リニューアル前のほうが良かった、なんて言っている人もいますが、私はリニューアル前のものに乗ったことがないのでわかりません。
それでも、今回はとっても素晴らしい、まさに爽快な体験をしてきましたよ!

ソアリンのある場所

前述したとおり、エプコットのフューチャーワールドにある「ランド館」の中にあります。

大人気アトラクションと聞いていたのですが、入り口は意外に地味で……。
入り口のフロアがフードコートみたいになっているのですが、そのフードコートの奥にあります。

ソアリンのある場所

フードコートがあまりにも広いので、一瞬どこにあるのかわからないんですよね。
THETAの写真なら伝わるでしょうか……。

待機列も完全に屋内なので、それは楽かもしれないですね。

ソアリンの待ち時間

ソアリンは、ディズニーワールド以外にもあるアトラクションです。
カリフォルニア、上海、そして、次にできる日本のディズニーシーですね。

特に言語などは関係ないので、どこで体験しても同じだとは思いますが、そうはいっても非常に爽快な体験ができる大人気アトラクション。
待ち時間は、いつも60分~となっています。

みなとゴジラくんが訪れた際にも、確か、待ち時間は1時間を超えていました。

ですので、朝イチで行く以外は、ファストパスプラスの予約は必須だと思います。

いざ、実際にソアリンにライドです!

ファストパスプラスの予約をしていたこともあって、待ち時間はほとんどなし。
キューラインを見る暇もないまま、あれよあれよといううちに乗り場にたどり着きました。

ソアリンの入り口

ソアリンは、横並び×3列の乗り物が複数ある造りになっています。
目の前に大きなスクリーンがあるので、乗り物というよりも「座席が動くシアター」みたいな感じです。
たぶん、全部合わせたら一度に100人くらいは乗れるんじゃないかな?

ソアリンでおススメの席は?

ソアリンは、おすすめの席があります。
私がおすすめなのは、1番前の列・真ん中の席に座ることです。

なぜかというと、ソアリンがこんな造りになっているからです。

ソアリンのつくり

一番前に巨大なスクリーンがあって、座席が実際に上昇することで、ハンググライダーのような爽快感を感じられるようになっています。

映画館と同じで、端に行けば行くほど、スクリーンのゆがみを感じる可能性があります。
さらに、座席の高さは一列目が一番上になるため、二列目以降の人は、前の列の人の足が視界の端に入ります。

なるべくスクリーンの真ん中にある席に座ること、できれば一番前の真ん中がベストポジションだと思います。

でも、実際はそううまくはいかないですよね。

みなとゴジラくんも、実際に乗ったのは真ん中あたりの、2列目でした。

実際に乗った感想は……とにかく圧巻!

座席が上空に持ち上がるため、荷物などは下のかごに入れるよう指示されます。
(落とすと危ないですからね!)

なので、写真などは撮れなかったのですが、本当にすごいスケールです。

スクリーンが上下にとても大きく、見下ろす下の方まで映像が続いていて、本当に空を飛んでいるみたいです。
本当に高さ数メートルまで上がるので、浮遊感もあります。

映像だけではなくて、場所によっては草のにおいや風も感じられて、「ここにいる」感がとても強いのです。

ミッキーのフィルハーマジックで空を飛ぶシーンがあると思いますが、あれが3D眼鏡無しで実際に再現されている感じです。

正直、映画館の4DXとかめじゃないですよ!!

まさに、バーチャルリアリティ!
(たぶんリアルよりすごい)

みなは高いところから長時間下を見ると酔ってしまうので、ちょっとクラクラしてしまいました。
でも、そのクラクラを差し引いても、また乗りたい! と思えるアトラクションです。

人気があるのもうなずけます。

スピードが出ることもないので、絶叫系が苦手な方にも大丈夫だと思います。
高所恐怖症の方は……どうかな? ちょっと怖いかもしれません。

でも、絶対に一度は体験しておいた方がいいアトラクションです。

そんなわけで世界をハンググライダーで旅した私たちは、次は同じく「ランド館」にある、リビング・ウィズ・ザ・ランドへと行くことにしました。

次の記事≫WDW旅行記2017:023 リビング・ウィズ・ザ・ランドでまったり船に乗る

この記事を書いた人

みな

都内に勤めるOLです。
相方のゴジラくんとはとても仲良しで、一緒に旅行に行ったりお出かけしたりしています。